個人サークル「緋桜草」の東方イラストサイトです
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
噂のクリスタをDLしてみました。(^◇^)

使わないタブなどは消して使いやすいように調整。
画像12.jpg


リリース前からSAIの後継ソフトと噂されてたの使いやすくなるかと思ったら、SAIよりコミスタ寄りのソフトでした。

個人的に、ラフから描くならSAIの方がイイです。
いや、クリスタでも十分可能ですけど、SAIの反転が画面の上部に常にあるので、反転してバランス取
りが簡単なのです。
だけど、ペン入れはさすがコミスタ寄りであって、優秀です。
コミスタ同様、ベクターレイヤーが使用可能なので、曲線ツールと併用して滑らかで早い線画作業が出来そうです!

以前にも、このベクターレイヤーを使った線画作業に驚かれた方がいたようなので、やり方教えます~


長くなるので、追記へ~
まず、ラフを描きます。
(ここでは以前のイラストを使用します)
11.jpg



ラフの透明度を変更


曲線ツール
長い曲線を描く時は曲線ツールが便利です。
前髪からペンを入れてみます。

10.jpg


始点をクリック
ドラックして終点で放す。
9.jpg


マウスカーソルに付いてくるように曲線が出来るので、
ラフに合わせてクリック。
8.jpg
線が引けました。
自動的に「入り」「抜き」が入ります。
使わない時もあるので使い分けましょう。
 ※使わないと、ミリペンで描いたみたいになります。




ベクターレイヤーの利点
 ※最初からベクターレイヤーを使用するつもりでしたが間違えてました。
  レイヤーを変えて曲線を書き直してます。
線を重ねてみました。
7.jpg


消しゴムツールのベクターにチェックを入れて
交点までを選択。
6.jpg


後は、はみ出たところを、ちょこと消すと
交点の部分まで綺麗に消えますヽ(*'▽'*)ノ
5.jpg
べんりべんり



ベクターの吸着
これもベクターレイヤーの特徴です。
線と線をつなぎやすくしてくれる機能があります。
これを利用すれば線つなぎも簡単に。

髪の毛の上部の線を引きます。
4.jpg


ベクター吸着のチェックを入れておきます。
入り抜きの抜きのチェックを消しておきます。

髪の先端部分からクリックして、カーブの手前までドラック。
3.jpg
この時ベクター吸着にチェックが入ってるため、髪の先端が簡単に合います。

抜きのチェックを外してるため、終わりが丸くなってます。
2.jpg
ここからもう一度曲線を描きます。
今度は入りのチェックを外して、抜きのチェックを入れます。
1.jpg
はい。
綺麗につながりました。



以上です。

こんな感じで無垢は線画を描いてます。
ただし、曲線ツールは髪の毛やロングスカート、ふとももなどにしか使いません。
服の細かいシワや装飾は逆に時間が掛かってしまうので、普通のペンツールを使ってます。

興味のある方、線がガタガタになって困ってる方、ペンタブが無い方は
使ってみて下さいヽ(*'▽'*)ノ






あまり珍しくも無い、役に立つかたたないか分からないメイキングでした。
みんな知ってるかもねw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://muku000.blog115.fc2.com/tb.php/171-5f2da91e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。